SHOPIFY APP BLOG

送料無料バー.amp

利用方法2022.06.04

「送料無料バー.amp」をご紹介!表示バーは自由にカスタマイズ可能です

本コラムでは、「いいものごとに橋をかける」を会社理念として掲げている株式会社&.dが、Eコマース領域でShopifyアプリの開発事業で開発した「送料無料バー.amp」について紹介していきます。

オンラインストアで、お客様に商品を一定の金額以上購入していただくと送料無料になるというキャンペーンを行う際に、「送料無料バー.amp」を導入すれば、お客様の画面に送料無料までの残り金額を表示できます。あとどれくらいで送料無料になるかが一目でわかれば、足りない金額分を追加で購入してもらえる可能性が高まります。この記事では、「送料無料バー.amp」の機能と特徴を詳しく解説します。

「送料無料バー.amp」とは?

「送料無料バー.amp」とは、お客様のカートに入っている商品合計金額から送料無料までの残り金額を表示させられるアプリです。自社ストアに合わせてオリジナルデザインでバーを調整できます。

送料無料になるまでの残り金額を表示

例えば、自社ストアの送料無料金額が3,000円以上だった場合、お客様のカートに2,500塩分の商品が入っているとすると、「あと500円で送料無料になります。」という文言を表示できます。お客様は、送料無料にするためにあと500円分の商品を探してくれるでしょう。送料無料までの金額を表示することで、追加の商品購入を訴求できるのです。

費用は?

「送料無料バー.amp」の利用に費用はかかりません。

「送料無料バー.amp」で、できること

「送料無料バー.amp」では、以下のことができます。

・送料無料キャンペーンの打ち出し

・追加購入の訴求

商品購入時に送料がかかると購買意欲が下がってしまうことがあります。送料無料であれば、送料による購買意欲の低下を避けることができ、ストアからの離脱や直帰率を改善できるでしょう。また、送料無料になる金額を設定していれば、その金額まで購入しようという心理が生まれます。商品を追加購入してもらうことで、ストアの売り上げが向上するのです。

送料無料キャンペーンの打ち出し

送料がかかってしまう商品の場合、お客様は商品以外の出費は損をしているという心理が生まれます。送料がかかるとせっかく商品を閲覧しても、購買意欲が低下しストアから離脱してしまう可能性が高まります。お客様にバーを表示すれば、自社ストアが送料無料キャンペーンをしていることが一目瞭然になり離脱率を改善できるのです。

追加購入の訴求

消費者心理では、送料無料金額の差額分を埋めるために、お客様は追加購入することが多いです。同じ商品を複数個購入したり、別の関連商品を追加購入したりします。ショッピング中にお客様の画面に常に差額金額が表示されると、あといくら買うべきかを意識させることができ、追加購入の訴求になるのです。

「送料無料バー.amp」の使い方を解説

「送料無料バー.amp」の導入は非常に簡単です。複雑なプログラミングやコード入力は必要ありません。

インストールするだけ

「送料無料バー.amp」の利用は、Shopifyストアからアプリをインストールするだけです。

バーのカスタマイズ

送料無料バーの表示文言や背景色、文字色は変更可能です。バーの詳細設定画面で自由に設定できるので、自社ストアに合うデザインにしましょう。設定したバーは、プレビューできるので事前に確認してみてください。

まとめ

「送料無料バー.amp」は、お客様のカートに入っている商品合計金額から送料無料までの残り金額を表示できる機能です。送料無料キャンペーンの打ち出しをして追加購入を訴求できます。お客様は、常に画面に送料無料までの差額が表示されているので、差額分を埋めるために購入予定の商品数を増やしたり、関連商品を購入してくれます。表示バーは、自社ストアに合わせてデザインを自由に調節可能です。アプリの導入に複雑なプログラミングは必要なく、インストールするだけですぐに使えます。アプリは無料で利用できるので、送料無料を取り入れているストアは活用してみましょう。

BLOG LIST