SHOPIFY APP BLOG

複数配送先指定.amp

利用方法2022.06.04

「複数配送先.amp」をご紹介!複数配送先への同時注文が可能になります

本コラムでは、「いいものごとに橋をかける」を会社理念として掲げている株式会社&.dが、Eコマース領域でShopifyアプリの開発事業で開発した「複数配送先.amp」について紹介していきます。

「複数配送先.amp」は、お客様が商品を購入する際に、一つの配送先だけではなく、自宅や職場、友人宅など複数配送を可能にします。また、配送先ごとに配達日を指定できるので複数の配送先に同時注文したいと考えているユーザーにとって利便性が増し、顧客満足度の向上やリピーターの獲得につながるのです。この記事では、「複数配送先.amp」にどのような特徴があるのか詳しく解説します。

「複数配送先.amp」とは?

「複数配送先.amp」とは、一度の注文で複数の配送先登録ができ、それぞれの配送先ごとに別々の配達日を指定可能にするアプリです。

住所登録のフォームが日本の住所向けに設定されているので、住所登録が簡単にできます。さらに、お客様が過去に登録した住所も次回の注文時にプルダウンで選択可能です。

複数配送先への同時注文が可能に

「複数配送先.amp」独自のチェックアウトページで複数の配送先を登録可能で、一度の精算で同時注文ができるようになります。それぞれの配送先に、それぞれの配達日の指定も可能です。設定は複雑ではなく短時間で簡単に導入できます。

費用は?

「複数配送先.amp」は3つの料金プランが用意されています。

・スモール 月額$29

複数配送先の登録上限は5で、アプリ経由での注文は月600件が上限です。

・ミディアム 月額$59

複数配送先の登録上限は10で、アプリ経由での注文は月6,000件が上限です。

・ラージ 月額$119

複数配送先の登録上限は20で、アプリ経由での注文は月60,000件が上限です。

7日間の無料体験があるので、まずは試してみてください。

「複数配送先.amp」で、できること

「複数配送先.amp」では、以下のことができます。

・複数配送先の指定

・配送先情報の入力

・商品と配送先の紐付け

・配送先ごとに配達日の設定

複数配送が可能になれば、顧客満足度は向上しやすくなります。顧客満足度が高まれば、リピーター獲得に繋がるのです。複数配送ができないショップでは、複数配送を希望しているお客様のニーズを満たすことはできません。

注文する前に、ユーザーが離脱してしまい、本来なら獲得できた顧客と売り上げを逃すことになります。商品のクオリティを高めるのはもちろんですが、よりお客様を満足させられるサービスを提供することも必要です。以下では、さらに詳しく機能と特徴を解説します。

複数配送先の指定

「複数配送先.amp」をセッティングすると、商品購入画面で「複数配送先に注文」ボタンを表示させることができます。

配送先情報の入力

ナビゲーションに従って配送先住所を自由に追加できます。ログインすると、過去の注文で登録した住所も呼び出し可能です。

商品と配送先の紐付け

カートに入れた商品を登録した住所と結びつけます。商品ごとに別々の住所と紐づけられます。

配送先ごとに配達日の設定

指定した配送先ごとに、それぞれ別の配達日を設定できます。子注文に対して注文完了メールを送付することも可能です。

「複数配送先.amp」の設定方法を解説

アプリの設定方法は簡単で、短時間で導入可能です。まずは、Shopifyから「複数配送先.amp」をインストールしましょう。

管理画面で「複数配送先.amp」を有効にする

Shopifyの管理画面から「アプリ管理」をクリックします。次に「複数配送先.amp」をクリックしたらアプリ管理画面が表示されたら、アプリ状態のセクションから「アプリを有効にする」をクリックしてください。カート画面に複数配送先の注文リンクが表示できるのです。

注文確認メールの修正

注文確認メールを修正をしましょう。デフォルトのままでは複数配送先で注文した情報が不足しているからです。

・注文確認メールの編集画面

Shopifyの管理画面から、「設定」「通知」「注文管理」「注文の確認」の順番でクリックしてください。その後、公式HPから修正可能なコードを上書きしましょう。

参照リンク:https://urlzs.com/z6Rgk

まとめ

「複数配送先.amp」は、一度の注文で複数の配送先が指定できる機能です。また、それぞれの配送先に対して別々の配達日も指定できるので、再配達による配送遅延のリスクの軽減ができます。複数の配送先指定希望のお客様の利便性が向上し、顧客満足度を高められるでしょう。お歳暮やお中元など、季節のイベントで利用される商品を取り扱っているショップ様におすすめです。無料体験できる期間もあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

BLOG LIST