SHOPIFY APP BLOG

2022.11.07

Shopifyのテーマとは?選び方やおすすめの有料テーマを紹介!

目次

本記事では、Shopifyのテーマについて徹底解説していきます。Shopifyは、2022年現在、世界No.1のシェアを誇るECプラットフォームです。

2018年に日本語に対応したことで、日本でも多くの方が利用しています。本記事では、そんなShopifyのあなたに合ったテーマの選び方やおすすめの有料テーマを紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください!

Shopifyの主要プラン

Shopifyには、主にベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのプランがあります。まずは、主要プランにおいて着目すべき違いを解説していきます。

主要な3つのプランの違い

プランの違いは大きく以下の5点があげられます。

・販売手数料

・配送料

・スタッフアカウント数

・レポート内容

・ギフトカード

Shopify ベーシックShopify スタンダードShopify プレミアム
月額料金約3200円約8600円約32500円
国内/クレジットカード料金3.4%3.3%3.25%
海外/AMEXのクレジットカード料金3.9%3.85%3.8%
取引手数料なしなしなし
Shopifyペイメント以外の際の追加料金2%1%0.5%

*機能ごとの比較表は、Shopify公式サイトを参照ください

スタッフアカウント数は、ストアの画面の変更、商品管理、注文処理などの操作をすることができるアカウント数のことです。プランによってこのスタッフアカウント数が異なり、ベーシックプランで1人、ベーシックプランは2人、スタンダードプランは5人、プレミアムプランは15人、プラスプランは無制限です。

また、Shopifyには在庫管理から製品分析、集客、POS販売、顧客行動、財務など様々なレポート機能も搭載されています。これらの豊富なレポートもプランによって、アクセスできるものに制限があるので、こちらも踏まえて選択するプランを考えてください。

その他プランの詳細

上述の通り、Shopifyはベーシック、スタンダード、プレミアムの3つが主要プランとして目立ちますが、その他にもシンプルなストアが数分で作れる「スタータープラン」や、取引量の多い大企業向けの「プラスプラン」もあります。

スタータープラン(旧Shopify Lite)

Shopify Liteは、月額料金が$ 9/月と他のプランよりかなり安価です。しかし、他のプランと大きく異なりECサイトの構築ができず、既存のSNSやWebサイトにカート機能を搭載する事のみを行うプランです。

例えば、Instagramでフォロワーに対して商品を売りたい場合に、Instagram内にカート機能を追加し、販売を行うことができます。このようにShopify Liteは、カート機能のみを追加するプランなので、他のプランと大きく異なります。

Shopify Liteはこんな人におすすめ

Shopify Liteは、販売機能のみを追加したい方にお勧めのプランです。

例えば、すでにWebサイトを独自で持っていたり、SNSでフォロワー数が多いなど、集客が出来ていて、あと販売機能を追加すれば売り上げが見込める等の場合はかなり、コスパのいいプランだと思います。Shopify Liteでは、以下の機能を使うことができるので、ぜひ検討する際に参考にしてください。

Shopify Liteで利用できる機能

・ダッシュボード、財務レポート

・顧客プロフィール

・注文管理

・商品管理

・モバイル版POS

・メールカート

・商品詳細のQRコード

・実店舗在庫

・ギフトカード

・ディスカウントコード

Shopify Plus

Shopify Plusは、月額料金が$2000/月と他よりもかなり高額なプランです。

ただ、アカウント数が無制限という事で、大企業の方や、大人数でのビジネスを検討する方にはオススメのプランです。

また、Shopify Plusでしか搭載されていない機能も多く存在します。

Shopify Plusでのみ利用可能

・チェックアウトページのカスタマイズ

・Shopify Scripts Editor

・Shopify Plusの専任サポート

・Launchpad(バナー変更や商品価格の変更予約など)

・専用APIの呼び出しとAPIの高速化(マルチパスでのシングルサインオンなど)

・Shopify Flow(アクションの自動化)

・追加で9サイト、合計10サイトまでShopify Plus仕様で運営が可能

・卸売ストア・B2Bストアの開設(Wholesale Channel)

・複数通貨への対応(Geo IPと四捨五入ルールの設定)

・登録ロケーション数20箇所まで対応

・Transporter(既存ストアのデータインポート)

・Googleタグマネージャーの利用

Shopify Plusはこんな人におすすめ

Shopify Plusは、取引量の多い方や大企業向けのプランです。

月額料金が$2000/月と他よりもかなり高額なプランですが、スタッフアカウント数が無制限であったり、取引手数料が安いことから、大規模なビジネスであれば最もコストパフォーマンスの良いプランです。

また、Shopify Plusにしかない特典として、専任サポートを受けることができます。175カ国以上、170万以上の事業者に利用されているShopifyが持つECビジネスノウハウを享受できる為、大規模なビジネスを考えている方や、海外への販売も考えている方など、プロのサポートが欲しい方にもオススメのプランです。

プランの変更はできるの?

結論、プランの変更はできます。事業者の管理画面にログインして、下記の手順でプランの変更を行うことができます。また、手数料などもかからないため、一度契約した後でも気軽にプランの変更をすることができます。

プランを変更する手順

以下の手順でプランの変更をすることができます。

・事業者の管理画面で「設定」から「プラン」を選ぶ

・「プランを変更」を選ぶ

・新しく選択するプランを確認して「プランを選択」を選ぶ

・請求サイクルを選択し、クレジットカード請求に関する説明を確認

・「プランを開始」を選択し契約を承諾

新しいプランの契約は即時アップデートされ、月額料金は日割になります。プランの変更をした日から、新しいプランでの請求が開始されます。

まとめ:各プランの違いを理解して、あなたに合ったプランを選択しよう!

本記事では、Shopifyの中で主要の3つのプランと、カート機能のみのShopify Lite、Shopify Plusについて解説してきました。

プランの変更は手数料もかからないため、まずはお試しでベーシックプランなどの主要なプランから始めることがおすすめです。それぞれ搭載されている機能やスタッフアカウント数が異なる為、企業規模や月商などを鑑みて検討してみてください。

BLOG LIST