SHOPIFY APP BLOG

2022.11.07

Shopifyの各プランの料金と違いを解説!プランの変更方法も紹介

Shopifyは、2022年現在、世界No.1のシェアを誇るECプラットフォームです。2018年に日本語に対応したことで、日本でも多くの方が利用しています。本記事では、そんなShopifyのプランごとの違いやプランの変更ができるかについて解説していきます。

目次

Shopifyの主要プランとその他プラン

Shopifyには、ベーシック・スタンダード・プレミアムの主要3プランに加え、手軽な価格で商品販売ができるスタータープラン、大規模ECサイト構築に特化したShopify Plus(プラス)といったプランが用意されています。

作りたいショップサイトの規模や用途に合わせて、最適なプランを選択しましょう。各プランの相違点について、以下の表にまとめました。

ベーシックスタンダードプレミアムプラススターター
月額料金$29$69$299$2000$5
カード手数料(国内)3.4%3.3%3.25%3.15%5%
カード手数料(国外)3.9%3.95%3.8%3.75%5%
Shopify Payment使用時の取引手数料無料無料無料無料無料
Shopify Payment不使用時の取引手数料2.0%1.0%0.5%0.15%5%
スタッフアカウント数2515制限なし1

「ベーシック」プランの特徴

主要3プランで最も安価なベーシックプランは、月額$29で利用できます。2つのアカウントを持つことが可能で、初歩的なECサイトを小規模に運営する方におすすめです。

ショップ運営を行う上で必要な商品管理、販売管理、顧客情報管理などのツールはすべてそろっている他、ショップデザインを自身でカスタマイズすることやコード編集も可能なので、完全にオリジナルのショップを構築することができます。

また財政レポートやマーケティングレポートなども利用できるためストアの現状分析が可能であり、将来の経営戦略を練ることができます。オーナーを含めて最大3人での運営を想定している方にオススメのプランです。

「スタンダード」プランの特徴

月額$79のミドルグレードであるスタンダードプランになると、アカウント数は5つまで利用可能となり、各種手数料がベーシックプランよりも安価に利用できます。ベーシックプランでは利用できなかったプロフェッショナルレポート機能が利用できます。プロフェッショナルレポートは、1つ1つの商品の販売データや顧客レポートを基に、新規顧客とリピーターの販売比較や国別の販売比較等のレポート機能が追加されており、マーケティングが行えたり、売上向上に繋げられるなど、より本格的なECサイト運営を目指せるでしょう。

「プレミアム」プランの特徴

プレミアムプランは月額$299と、主要3プラン中での最上位プランです。各種手数料が最も低く、売上規模が大きいサイトを運営する際には非常にお得なプランとなっています。

また他のプランにはないカスタムレポートを作成できるのも特徴の一つです。ここでカスタムレポートは、売上追跡レポートを追加したshopifyオリジナルのレポートで、マーケティング戦略の分析や改善、集客力アップに役立ちます。

参照元:Shopifyブログ

この高機能なレポート機能と15ものアカウントを利用可能で、より詳細な分析と大規模なショップ運営が可能となるでしょう。

「スタータープラン(旧Shopify Lite)」の特徴

ベーシックプランよりもさらに安価なスタータープランは、月額$5と非常に手頃な料金設定で、インターネット物販の入門に最適なプランです。

本プランはECサイトの構築を行わず、既存のサイトやブログに商品購入のカートボタンを設置するシンプルなプランとなっており、誰でも簡単に商品販売を始めることができます。

自分のWebサイトやブログを運営しており、既にある程度の集客力が備わっている方にはスタータープランがおすすめです。

まずはスタータープランでオンライン商品販売の基本を身につけ、そこから上位プランに切り替えて本格的なECサイト構築に取り掛かってはいかがでしょうか。

また、月額$5という低価格のため、個人でオンラインショップ運営に挑戦したい方にもおすすめできます。ショップ運営当初は売上が思うように上がらないこともありますが、スタータープランなら月額利用料が負担になることはほぼないでしょう。

「Shopify Plus」の特徴

プレミアムプランまでの機能を使えば、ECサイト運営に必要な作業はすべて完結できるでしょう。しかし企業として大規模なECサイトを運営するなど、より大きな取引量や細部にこだわったカスタマイズ機能を必要とする場合には、最上位プランであるShopify Plusがおすすめです。

Shopify Plusは、月額$2,000と非常に高価格の設定となりますが、チェックアウトページがカスタム可能となったり、専任スタッフのサポートを受けられたりと、Shopify Plusでしか利用できないサービスが多数あり、大規模なECサイトを複数運営する個人・企業におすすめのプランです。

また、Shopify Plusでは最大10サイトの運営ができるため、多数のオンラインショップ展開を目的とする方にもおすすめです。

なお、Shopify Plusは個人や少人数でのECサイト運営にはおすすめできません。契約期間は12か月からとなっており、相当の売上が見込めるサイトでなければ利用料金が大きな負担となるでしょう。

プランの変更は管理画面から申請が可能!

Shopifyのプランは、自身で運営しているショップサイトの管理画面から簡単に変更することが可能です。プランを変更するために追加費用は必要ないため、ショップの売上高や事業形態の変化に応じて、気軽にプランの見直しを図れます。

プラン変更が即時有効となる点も使い勝手の良さと言えるでしょう。プラン変更の際に月額料金は日割り計算されるため、余計な費用がかさむこともありません。

プランを変更する手順

Shopifyでプランを変更する手順は、以下のような流れとなります。

①ショップオーナーとしてログインする

②管理画面から[設定]をクリックし、[プラン]をクリックした後、「プランを変更」ボタンをクリックする。

③利用可能なプランを確認の上「プランを選択」ボタンをクリックする

④請求サイクルを選択し、選択したクレジットカード請求に関する説明を確認する。

⑤[プランを開始]をクリックして新しい契約を承諾するか、[キャンセル]をクリックする。

プラン更新後は新プランの料金が記載された請求書がすぐに発行されます。また、レポートデータはプランを変更しても引き継がれるので安心です。

まとめ:各プランの違いを理解して、あなたに合ったプランを選択しよう!

Shopifyで利用できる5つのプランについて、それぞれの違いや料金を解説いたしました。各プランの特徴を知り、自社サイトの目的に合わせたプラン選択の参考にしていただければ幸いです。

株式会社and.dでは、国内利用に特化したShopifyアプリの開発を幅広く手掛けています。ECの構築や運用に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

BLOG LIST